MENU

Node.jsの記事一覧

最近サイトのAMP化を始めたのですが、imgタグをamp-imgに変換する際に幅と高さが必要になりました。しかしimgタグで指定されたいないため、画像ファイルから取得する必要があります。そこでローカルまたはWebサーバーの画像から、幅と高さを取得するコードを作成しました。

ディレクト下のファイルをワイルドカードを使用して取得したいというケースは意外と多いです。Node.jsにはファイル名を取得するメソッドがありますが、ワイルドカードでの判定ができません。そこで今回は、何か良い方法がないか考えてみました。

JavaScriptにはタイマー監視に関するsetTimeoutとsetIntervalメソッドが用意されています。これらはコールバック関数により通知されます。Node.jsにもこの機能がありますが、Promise機能を使用したタイマー監視も用意されていて、見通しの良いコード作成に役立てることができます。ここでは、Promise機能を使用したタイマーについてお伝えします。

元々Node.jsには固有のモジュールとしてBufferオブジェクトが存在していて、ファイルから読み込んだデータはBufferオブジェクトに格納されるように設計されています。しかしECMAScriptの2015年版で、バッファーとして動作可能なArrayBufferオブジェクトがJavaScritとして標準搭載されました。そのためブラウザ等でJavaScriptコードを作成してきた人は、BufferよりもArrayBufferの方が使いやすいです。そこで今回は、Node.jsでファイルの入出力する際にArrayBufferを経由する方法をお伝えします。

Node.jsの実行結果をコンソールに出力するとき、時間のかかる処理の進捗をプログレスバーで表現するのは常套手段と言えます。そこで今回は、Node.jsでプログレスバー表示する方法をお伝えします。

Node.jsでコンソールを使ったプログラムを作成していると、カーソルが邪魔に感じることがあります。そんなときは、サクッと消してしまいましょう。ここでは、Node.jsでカーソルの表示・非表示を切り替える方法をお伝えします

JavaScriptは元々ブラウザでの動作を想定しているので、言語仕様として終了時の処理が定義されていません。しかしNode.jsでは、プログラム終了時に後処理をおこないたいケースがあります。そこで、Node.jsでの終了処理の方法をお伝えします。

Node.jsの実行結果をコンソールに出力するとき単純に文字を表示するのではなく、色を付けるなどするとメリハリがでてそれなりに見た目がよくなります。そこで今回は、Node.jsの出力結果に色や装飾をおこなう方法をお伝えします。

ディスクの使用量が増えてくると、個々のディレクトリの使用サイズを確認して、多いところから減らしていくことがよくあります。Linuxなどはそのためのコマンドが用意されてますが、Windowsはありません。そこで、Node.jsでディレクトリの使用サイズを確認できるコードを組んでみます。

Node.js使ったプログラミングについて、実際にやったことを中心に紹介します。

Node.jsはよくわからないけれど使ってみたいという人向けに、どのようにすればNode.jsが動作してくれのかを解説します。

インストールした時は最新バージョンでも時とともに古くなっていく。僕がNode.jsをインストールしたときのLTS版がv12だったのが、いつの間にかv14になっていた。そこで既存のNode.jsをバージョンアップしてみます。

最近Node.jsで画像を処理する案件に遭遇しました。その際にSharpというモジュールを使用しましたが、日本語の資料があまりないのでここでまとめておきます。

ウェブサイトを作成していると、時々OGP画像をセットしたほうがいいような気がしてきます。しかしサイトの記事が多い状態から一つ一つ画像を作成していくのは、いまさら無理なお話です。そこで、画像を一枚だけ用意して、その画像に記事タイトルを描画することで妥協することにしました。ただし、画像サイズが大きいのは不利な面があるので、しっかり最適化します。

Node.js使ったプログラミングについて、実際にやったことを中心に紹介します。

Node.jsでファイルを読み込む方法について、簡単に記述しておきます。

page:1 記事数:22