MENU

JavaScriptの記事一覧

このカテゴリに記事は、PHP使ったプログラミングについて、実際にやったことを中心に紹介します。

ファイルサイズやデータ容量のバイト数をMBなどの適切な単位に変換、その逆に単位がついたサイズをバイト数に変換するプログラムをJavaScriptで作成します。

JavaScriptでプログラムを作成していると、配列や連想配列を使うことって多いですね。僕の場合、入れた順番で取り出したいことがあります。しかし思ったようにいかず、悩むこともしばしば…そこで、配列や連想配列内の要素の並び方を調べてみました。また、Mapオブジェクトを使った連想配列の代替案をお伝えします。

JavaScriptファイルを動的に順番に読み込み、読み込めないときはエラーを出力してみる。ブラウザの挙動に頼らないで自分で読み込む。

ネットで調べてみると、ページ読み込み時のJavaScriptの実行タイミングは次のようになっているようだ。(1) 記述した順番に実行される(2) body内のスクリプトは、ブラウザ表示をブロックする。この二つについて、検証するためにコードを作成してみます。

JavaScriptでコールバックに関数を指定すると実行されてしまう理由を整理してみる。

関数の定義には関数宣言と関数式の二つの方法があります。それぞれ目的が異なります。

JavaScriptにはクロージャーという概念がある。20年前のC言語プログラマな僕が、気が狂いそうになった原因である。僕は最近になって、ようやくわかってきた気がするので、忘れないうちに要点をまとめてみる。僕は最近になって、ようやくわかってきた気がするので、忘れないうちに要点をまとめてみる。

JavaScriptには即時関数という関数がある。普段何気なく使っていたので、今回は少し即時関数の挙動について調べてみました。

関数に値を渡すときは引数を使う。当たり前すぎて僕は何も気にせず、調べもせず使っていました。しかしJavaScriptの引数は少し奥が深いようです。そこで今回は、JavaScriptの引数について少し詳しく調べてみました。

JavaScriptには分割代入という機能がある。はじめて僕がこの機能を知ったとき、何が便利なのか理解できなかった。だがあらためて調べてみると、意外と便利な奴であることがわかった。そこで今回は、分割代入の解説と使いどころについてお伝えしようと思う。

Canvasの画像をPNGやJPEGファイルとしてPCやスマホに保存する方法をお伝えします。

あまり需要がなさそうですが、Canvas画像をPNGまたはJPEGに変換して、その結果をバッファに格納する方法をお伝えします。

Canvas画像をBMPに変換したかったのだけど、Chromeが対応していなかった。仕方がないので、自力でBMPファイルを生成してみます。

このカテゴリに記事は、PHPやをJavaScript使ったプログラミングについて、実際にやったことを中心に紹介します。

CanvasのtoDataURL()は、一部のブラウザでBMP形式をサポートしています。そこで、ブラウザが特定の形式をサポートしているかどうかをJavaScriptコードで確認してみます。

ブラウザのCanvas要素に描画した画像を、BMP形式でダウンロードしてみます。CanvasのtoDataURL()は、画像データをPNGやJPEG形式に変換して、データURLを生成してくれます。FirefoxはtoDataURL()の引数にimage/bmpを指定すると、BMP形式に変換してくれます。

page:1 記事数:204