MENU

ブラウザでLet’s EncryptなどのSSL証明書の有効期限を確認する方法

更新日:2019/08/16

 

Let’s Encryptで取得したSSL証明書は3か月ごとに更新する必要があります。
そのため私は、有効期限を確認するために、サーバーにSSHでログインして、Let’s Encryptのコマンドを使っていました。

 

Let’s Encryptの有効期限を確認

$ sudo certbot certificates

 

ですが、なんとブラウザで簡単に確認できたのです。
(/ω\)ハズカシー

 

そこで、ブラウザでLet’s EncryptというかSSL証明書の有効期限を確認する方法を紹介します。

 

■お願い
去年ECMAScript2020を頑張って日本語訳しましたが、誰も見てくれません・・・
誰かみて!!
【JavaScript】 学習のためECMAScript2020を日本語訳してみました

Chromeで確認する方法

 

(1) 確認したいサイトをChromeで表示する

 

(2) アドレスバーの鍵マークをクリックする

 

Chromeのアドレスバーの鍵マークをクリック

 

(3) 「この接続は保護されています」という画面が表示されたら、自動ダウンロードの下の「証明書」をクリック

 

この接続は保護されています(Chrome)

 

(4) 証明書の情報が表示されます

 

証明書の情報画面(Chrome)

 

(5) 情報の最後が有効期間です

 

この場合は、2019年8月25日までですね。

Firefoxで確認する方法

 

(1) 確認したいサイトをFirefoxで表示する

 

(2) アドレスバーの鍵マークをクリックする

 

Firefoxのアドレスバーの鍵マークをクリック

 

(3) サイト情報画面が表示されたら、「接続 安全な接続」の右横の「>」をクリック

 

サイト情報画面(Firefox)

 

(4) サイトのセキュリティ画面が表示されたら、一番下の「詳細を表示」をクリック

 

サイトのセキュリティ画面Firefox)

 

(5) ウェブサイトの識別情報内に、有効期限が表示されます。

 

ウェブサイトの識別情報(Firefox)

 

Safariで確認する方法

 

(1) 確認したいサイトをFirefoxで表示する

 

(2) アドレスバーの鍵マークをクリックする

 

Safariのアドレスバーの鍵マークをクリック

 

(3) 「○○(ドメイン)への接続は暗号化されています」と表示されたら、証明書を表示ボタンをクリックする

 

○○(ドメイン)への接続は暗号化されています(Safari)

 

(4) 証明書の詳細が表示されるので、有効期限を参照します。

 

証明書の詳細(Safari)

Microsoft Edgeで確認する方法

 

(1) 確認したいサイトをMicrosoft Edgeで表示する

 

(2) アドレスバーの鍵マークをクリックする

 

Microsoft Edgeのアドレスバーの鍵マークをクリック

 

(3) Webサイトの認証画面が表示されたら、「証明書の表示」をクリック

 

証明書の表示画面(Microsoft Edge)

 

(4) 証明書情報画面が表示される

 

証明書情報画面(Microsoft Edge)

 

(5) 下ボックス内に有効期限が表示されるが、枠が小さいために表示されていない場合、スクロールさせる。

 

スクロールして有効期限を表示

記事の内容について

 

こんにちはけーちゃんです。
説明するのって難しいですね。


「なんか言ってることおかしくない?」
たぶん、こんなご意見あると思います。

裏付けを取りながら記事を作成していますが、僕の勘違いだったり、そもそも情報源の内容が間違えていたりで、正確でないことが多いと思います。

そんなときは、ご意見もらえたら嬉しいです。

ご意見はこちら。
https://note.affi-sapo-sv.com/info.php

【お願い】

お願い

■このページのURL


■このページのタイトル


■リンクタグ