MENU

PHP/JavaScriptの記事一覧

僕がWebツールを作成しているとき、吹き出しを動的に作成する必要がありました。しかし、これが意外と難しい。beforeやafterなどの疑似要素を使用しているのがネックになっているようなので、対処方法を考えてみました。

『リバーシを作る』の第三回目は、思考ルーチンを組み込み、コンピューターと対戦できるようにしてみます。

最弱『リバーシを作る』の第二回目は、ゲーム状況を管理する機能を作成し、ある程度遊べるものに仕上げてみます。

僕が若いころ作成して史上最弱と友達に言われたリバーシをJavaScriptで作成してみます。悲しい思い出にリベンジするべく、今回は強いものにも挑戦します。

JavaScriptはオブジェクトのプロパティを参照したとき、オブジェクト内にそのプロパティが無いと、プロトタイプチェーンを参照します。その様子を観察してみようと思い、今回はネタ記事として簡単な検証コードを作成してみました。

今回はこれらのメソッドの使い方と、外観のカスタマイズについてお伝えします。

オブジェクトのプロパティを操作するObjectオブジェクトのメソッドについて、解説してみます。

JavaScriptのプロパティは、オブジェクトリテラルや. (ドット)表記などで簡単に定義することができます。しかし書き込みを制御したいときなどもっと細やかな設定が必要なときは、属性についての知識が必要になります。

PHPやをJavaScript使ったプログラミングについて、実際にやったことを中心に紹介します。

【JavaScript】 JSにおけるprivate変数と定義のひな型パターンで従来のオブジェクトインスタンスでのprivate変数定義について紹介したので、ここではclass構文での定義をお伝えします。

使用する状況があまりなさそうだけれど、ゲッターとセッターの動作を別の関数に置き換える方法がないか考えてみました。

thisは読み込み専用のため、上書きできません。しかしプロパティ追加はできます。『上書きでないのに、追加できるってどういうこと???』と思った方は、読んでください。

オブジェクト指向プログラミングにはカプセル化という概念があります。JavaScriptには他の言語のようなカプセル化に必要な構文がないのでクロージャの特徴を活かした手法でカプセル化を実現します。

自作のオブジェクトを共有ライブラリとして外部に公開するときなど、他者にオブジェクトを変更してほしくないときもあります。タイプミスが頻繁で、予定にない新規プロパティが増えていて困るという人(僕)もいます。そんなとき、Object.freeze()またはObject.seal()を使用します。

JavaScriptはオブジェクトにプロパティを追加する簡単な構文がありますが、それとは別にObject.defineProperty()というメソッドが用意されています。このメソッドの使用目的と特徴についてお伝えします。

JavaScriptでforループの解説をしているテキスト等カウンターの変数名にiを使っているのはどうしてなのかとforループ内でクロージャを定義するときに気にしておくこと

page:1 記事数:150