MENU

PHP/JavaScriptの記事一覧

JavaScriptは、正規表現リテラルと文字列リテラルの二つの方法で正規表現をおこなうことができます。パターン文字を検索したいとき\でエスケープする必要がありますが、正規表現リテラルと文字列リテラルでは記述方法が異なります。

JavaScriptにはundefinedという値があります。この値はプロパティが存在するか確認したいときなどに使用されます。この記事ではundefinedとの比較方法や、JavaScript上級者を目指すなら知っておくべき情報をお伝えします。

JavaScriptでオブジェクトにプロパティが存在するかどうかをチェックするケースがあります。その方法は幾つかあり、その時々で最適な方法を選択する必要があります。ここでは、その方法についてお伝えします。

JavaScriptのArrayBufferは確保したバッファー内でバイナリデータを取り扱うことができます。しかし複数の型データを読み書きしたい場合、書き込み位置(オフセット)を的確に管理する必要があります。そこで今回は、ArrayBuffer上で複数の型データを管理するオブジェクトを作成してみます。

JavaScriptのtypeof演算子を使用すると、値の型チェックをおこなうことができます。しかし少しクセが強い演算のため、わかりにくい面があります。そこで今回は、typeof演算子について解説してみます。

JavaScriptには正規表現を使って文字列を検索するmatchというメソッドがあります。このメソッドについては、次の記事で解説しました。■【JavaScript】 正規表現match()とexec()の違いしかし似たようなメソッドでmatchAllというものがあります。こちらについての解説を今回はお伝えします。

ECMAScript2021よりStringオブジェクトにreplaceAllメソッドが追加されました。今回はこのreplaceAllメソッドについてと、既存のreplaceメソッドとの違いについてお伝えします。

JavaScriptでは、数値配列に対してjoinメソッドを実行すると、10進数の文字列に変換されます。では16進数の文字列に変換したいときはどうすればいいのでしょうか?

JavaScriptの2バイト以上のTypedArrayオブジェクトは、エンディアンを考慮したメモリアクセスがおこなわれます。しかし、この時のエンディアンが何なのでしょうか。確認してみます。

DataViewまたはTypedArrayのバイナリ保存の方法について、以前別の記事でお伝えしましたしかし2バイト以上のTypedArrayは、エンディアンについて考慮する必要があります。そこで今回は、上記の二つの記事の補足として、2バイト以上のTypedArrayをバイナリ出力するときの注意点についてお伝えします。

プログラムコードを組んでいると、任意サイズのメモリを確保して、バイナリデータバッファなどの利用目的で自由にアクセスしたいことがあります。JavaScriptでは、ArrayBufferオブジェクトとTypedArrayオブジェクトを使用することで実現できますが、初見では少し仕組みが分かりにくく感じます。そこでまずは、概要として二つのオブジェクトの関係と、それぞれの使用方法をお伝えします。

JavaScriptのArray.fromは、使いこなすと便利なメソッドです。しかし少しわかりにくい面があると思います。そこで今回は、Array.fromについて少し噛み砕いて解説します。

JavaScriptでDOM操作をおこなっているとgetElementsByClassNameメソッドで取得した要素をforEachで処理したいときがあります。しかし実際にコードを作成して実行するとエラーになってしまいます。ここではその理由と、対処方法についてお伝えします。

JavaScriptには言語仕様上『array-like object』というものがある。アレイライクオブジェクト、または配列風オブジェクト、または配列のようなオブジェクトなどに日本語訳されています。つまり、配列に似ているけれど配列ではないオブジェクトですね。

forEach内でawaitを使用して非同期処理の終了を待つコードを作成したら、想定した動作になりませんでした。どうしてなのか、その理由と解決方法を探っていきます。

JavaScriptには配列内のデータを並び変えるsortというメソッドがあります。しかし配列内のデータが順番に並び変えられていて、その配列に新しい値を挿入したい場合は、sortメソッドは非効率です。

page:1 記事数:177