MENU

PHP/JavaScriptの記事一覧

JavaScriptでは計算をするときなど、状況によってはオブジェクトをプリミティブ値に変換します。その際、[Symbol.toPrimitive]を参照します。通常のオブジェクトには[Symbol.toPrimitive]が定義されていません。このようなケースでは、toStringメソッドとvalueOfメソッドが順番に呼び出されます。呼び出される順番は状況により変化しますが、概ね、文字列が必要なときはtoStringが、数値が必要な時はvalueOfが先に呼び出されます。

このカテゴリに記事は、PHPやをJavaScript使ったプログラミングについて、実際にやったことを中心に紹介します。

JavaScriptでは一言で数値チェックと言っても、その前提条件で意味が異なります。そのため、初心者が上級者に質問をしにくい問題でもあります。そこで今回は、JavaScriptでの数値とは何かを含めて、数値チェックの方法をお伝えします。

DOM要素のanimateメソッドを使用すると、CSSの@keyframesと同じような感覚で要素のアニメーションを制御できます。JQueryにも同名のメソッドがありますが、今回はWeb Animations API のメソッドについて紹介します。

JavaScriptのCanvasAPIにはtranslateやscaleなどの変換メソッドがあります。しかし変換をリセットするメソッドが存在しません。そこで、変換内容をリセットする方法をお伝えします。

JavaScriptのCanvasAPIを使用すると、ブラウザに図形を描画できます。しかし左下を原点としてグラフを描画しようとすると、少し手間取ることがあります。どうすればいいのでしょうか。

CSSのプロパティ名をJavaScriptで使用する場合、キャメルケースという表記方法を用いることがあります。そこで、正規表現を使用してプロパティ名とキャメルケースの相互変換をしてみます。

プログラムをしていると、一定時間待機してから次のコードを実行したいときがあります。他の言語ではsleep関数などの名前で実装されていることがあります。しかしJavaScriptには用意されていません。ここでは、sleep関数のように一定時間待機する方法をお伝えします。

プログラムコードを作成していると、特定の時間経過後に処理を実行したいことがあります。JavaScriptではsetTimeoutとsetIntervalで実現できます。この記事ではsetTimeoutとsetIntervalの使用方法および、知っておくべき注意点をお伝えします。

JavaScriptのforEachは配列を順番に処理することができる非常に便利なメソッドです。しかし特性を理解していないと使用できないことがあります。また便利だからと頼りすぎるのもよくありません。ここではforEachの使い方と、forEachを使用すべきでないケースを解説します。

JavaScriptにはメソッドチェーンという機能があります。多くの人は使っているうちに理解していきますが、初心者のうちは少し難解に感じると思います。そこでここでは、メソッドチェーンについて噛み砕いて解説していきます。

JavaScriptは、正規表現リテラルと文字列リテラルの二つの方法で正規表現をおこなうことができます。パターン文字を検索したいとき\でエスケープする必要がありますが、正規表現リテラルと文字列リテラルでは記述方法が異なります。

JavaScriptにはundefinedという値があります。この値はプロパティが存在するか確認したいときなどに使用されます。この記事ではundefinedとの比較方法や、JavaScript上級者を目指すなら知っておくべき情報をお伝えします。

JavaScriptでオブジェクトにプロパティが存在するかどうかをチェックするケースがあります。その方法は幾つかあり、その時々で最適な方法を選択する必要があります。ここでは、その方法についてお伝えします。

JavaScriptのArrayBufferは確保したバッファー内でバイナリデータを取り扱うことができます。しかし複数の型データを読み書きしたい場合、書き込み位置(オフセット)を的確に管理する必要があります。そこで今回は、ArrayBuffer上で複数の型データを管理するオブジェクトを作成してみます。

JavaScriptのtypeof演算子を使用すると、値の型チェックをおこなうことができます。しかし少しクセが強い演算のため、わかりにくい面があります。そこで今回は、typeof演算子について解説してみます。

page:2 記事数:203