MENU

PHP/JavaScriptの記事一覧

「後〇〇分で終了」なんて聞くと、自分も参加してくなります。これをWebページやるときはカウントダウン表示すると、効果的ですね。そこで今回は、ブラウザ上にカウントダウンタイマーを設置する方法を紹介します。

JavaScriptを使用して処理時間や経過日数を求める方法を紹介します。プログラム中の処理にかかった時間を知りたいなど、タイマー的な経過時間を知りたいときはDate.now()で現在の時間を取得します。

ここでは生年月日から年齢を計算する方法を2つ紹介します。その前に、年齢についての定義についても把握しておきましょう。

JavaScriptで月の最終日を求める方法を紹介します。

うるう年を判定するとき、西暦から計算で求めるのが一般的です。しかしJavaScriptは既存のオブジェクトメソッドを一工夫することでうるう年判定可能です。

JavaScriptでブラウザ上で動くストップウォッチを作成してみます。今回は開始と停止だけでなく、一時停止からの再開やラップ測定も組み込んでみます。

Googleアナリティクスでボタンがクリックされたかどうかを測定する場合、一つの方法としてonclick属性でgtag関数を呼び出す方法があります。しかし関数処理中にページが遷移すると、アナリティクスに情報が送信されないという致命的な問題があります。今回はこの問題の対処について考えてみます。なおアナリティクスには新しいタグとしてGA4というものが導入されています。このタグは以前と同じgtag関数を使用するので、この記事はそのまま活かすことができます。

Webページはhtmlデータを解析して表示されています。記事を作成した後はブラウザに表示された画面を確認しますが、htmlデータを見ることがありません。しかし、ふと気になってみてみたら、少しおかしなことになっていました。なんとムダな改行が大量に入っていたのです。

htmlのonclick属性は要素をクリックしたときに実行したい処理を記述することができます。しかし、クリックされた要素に対して少し複雑な処理をしたいときは、thisやargumentsオブジェクトを効果的に使用します。

DOM要素をクリックした時に処理をおこないたいとき、onclickまたはaddEventListenerで処理内容を登録することができます。しかしこの二つの方法は何が異なるのか明示されていることが少ない。そこで今回は、onclickとaddEventListenerの違いについてお伝えします。

僕が運営している別のサイトで、ダウンロードリンクをクリックすると自動広告が表示されたままになるという記事を書きました。この記事内でお伝えしているJavaScriptコードを、こちらの記事で解説します。

僕がWebツールを作成しているとき、吹き出しを動的に作成する必要がありました。しかし、これが意外と難しい。beforeやafterなどの疑似要素を使用しているのがネックになっているようなので、対処方法を考えてみました。

『リバーシを作る』の第三回目は、思考ルーチンを組み込み、コンピューターと対戦できるようにしてみます。

最弱『リバーシを作る』の第二回目は、ゲーム状況を管理する機能を作成し、ある程度遊べるものに仕上げてみます。

僕が若いころ作成して史上最弱と友達に言われたリバーシをJavaScriptで作成してみます。悲しい思い出にリベンジするべく、今回は強いものにも挑戦します。

JavaScriptはオブジェクトのプロパティを参照したとき、オブジェクト内にそのプロパティが無いと、プロトタイプチェーンを参照します。その様子を観察してみようと思い、今回はネタ記事として簡単な検証コードを作成してみました。

page:3 記事数:191