MENU

PHP/JavaScriptの記事一覧

前回、Canvas上で図形を塗りつぶす記事を書いたので今回は線の色変更と、移動をやってみます。

JavaScriptのCanvasAPI にisPointInPath()というメソッドがあります。パス内に指定した座標が含まれているかどうか確認するメソッドですが、どんなケースで使用するのか不明でした。そこで自分なりに使用目的を考えてみたところ、ブラウザ用で図形の内側がクリックされたかどうかの確認できると思いいたりました。そこでデモとして、クリックした図形を塗りつぶすJavaScriptコードを作成しました。

画像が読み込めないときにダミー画像を表示したかったので、JavaScriptでコードを作成してみました。

今回はURLで指定された画像を読み込むJavaScriptコードを作成してみます。読み込みエラー時の処理も、しっかりと作りこみます。

Canvas APIは画像描画時に globalCompositeOperationを使用すると、元からある画像との合成方法を指定することができます。ここでは、globalCompositeOperationに指定できる値と結果を一覧にしてお伝えします。

JavaScriptのCanvas APIでグラデーションの塗りつぶしができますが、少しクセがあります。大いに悩む点なので、まとめてみました。

JavaScriptでサーバー上にある画像を読み込んで、Canvas要素上に貼り付ける方法をお伝えします。

JavaScriptのCanvasAPIを利用すると、canvas要素に描画をおこなうことができます。CanvasAPIの使い方と、利用できるメソッドについてまとめてみました。

htmlのCanvas要素をJavaScrptで動的に追加すると、うまく表示してくれないことがあります。その原因の一つが、タグ上とcss上のサイズ指定の動作が異なるという点です。理解すれば単純なことですが、理解せずにCanvasを使用するとハマります。

PHPやをJavaScript使ったプログラミングについて、実際にやったことを中心に紹介します。

JavaScriptの勉強をしていると、一度は作ってみようと思うのがアナログ時計ですね。僕も作ってみました。今回はデジタル時計の作り方も、あわせて紹介します。

JSDocってコメントの書き方の一つだと思っていたのですが、コメントを元にhtmlで仕様書を作成できるんですね。そこで僕のパソコン上に必要なものをインストールして、実際に仕様書を生成してみました。ちなみに僕のパソコンはWindows10です。

JavaScriptにクラスが導入されて、やっとprivateなメソッドやプロパティを利用できると思ったら、できないらしい。今のところはクロージャの仕組みを利用するしかありません。ということで、自分なりに『クロージャの仕組みを利用したprivateメソッドおよびプロパティのテンプレート』を用意したいと思います。

nullishな値とは、nullまたはundefinedを指します。ES2020では、nullishな値に関するNullish Coalescing OperatorとOptional Chainingという二つの機能が追加されました。ここではこの二つについて解説していきます。

ECMAScriptの過去のバージョン等を確認したいときのために、一覧でまとめておきました。

PHPやをJavaScript使ったプログラミングについて、実際にやったことを中心に紹介します。

page:8 記事数:177