MENU

PHP/JavaScriptの記事一覧

JavaScriptはプロトタイプベースな言語だそうです。そこで今回は、プロトタイプについて解説してみます。

JavaScriptでプログラムを組むとき、thisはとても重要なキーワードです。ですがサンプルコードなどを参考にして、ただなんとなくで使っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回はJavaScriptのthisについて、独断と偏見で解説していきます。

JavaScriptに限らず、定義した変数の有効範囲(スコープ)を把握しておくことは重要です。ただしJavaScriptのスコープは、他のプログラム言語と比較して少し特殊です。そこで今回は、スコープについて解説してみます。

JavaScriptで関数を呼び出すと、関数内部でargumentsというオブジェクトが作成されます。これって何なのか?調べてみました。

JavaScriptでオブジェクトをnewしたら、「TypeError: xxx is not a constructor」とエラーがでた。コンストラクタではないからのようだが、意味がわからない。どうすればいいのか、調べてみた。

JavaScriptにはコンストラクター関数というものがある。でも関数宣言をコンストラクターと言われてもよくわからない。関数は関数である。そこで今回は、コンストラクター関数についてわかるまで調べてみた。

JavaScriptの機能にGenerator(ジェネレーター)とyieldというものがあります。途中で処理を止めて、止めたところから再実行できる不思議ちゃんな関数です。今回はジェネレーター関数の作り方と、使いどころについてお伝えします。

JavaScriptにはイテレーターという機能があって、反復処理に使うと便利らしい。別に知らなくても問題ないが…今回は勉強がてら、イテレーターについて解説してみようと思う。

JavaScriptで関数を定義する方法にアロー関数があります。例えばこんな感じ。const a = a => a;これで関数なんですよ!かっこいいですよね!ということで今回は、アロー関数についてお伝えします。

JavaScriptにはcallとapplyというメソッドがある。あまり使わないなと思って理解することを放棄していたのだが、いい機会なので記事にしながら理解していこうと思う。

今回はJavaScriptのまじめな「...」を使った構文についてお伝えします。「...」は、オブジェクトを展開、または変数やリテラルを羅列したものを一つにまとめてくれる演算子です。使用する目的によってスプレッドとレストの二つの構文に分かれます。

JavaScriptには分割代入という機能がある。はじめて僕がこの機能を知ったとき、何が便利なのか理解できなかった。だがあらためて調べてみると、意外と便利な奴であることがわかった。そこで今回は、分割代入の解説と使いどころについてお伝えしようと思う。

関数に値を渡すときは引数を使う。当たり前すぎて僕は何も気にせず、調べもせず使っていました。しかしJavaScriptの引数は少し奥が深いようです。そこで今回は、JavaScriptの引数について少し詳しく調べてみました。

JavaScriptには即時関数という関数がある。普段何気なく使っていたので、今回は少し即時関数の挙動について調べてみました。

JavaScriptにはクロージャーという概念がある。20年前のC言語プログラマな僕が、気が狂いそうになった原因である。僕は最近になって、ようやくわかってきた気がするので、忘れないうちに要点をまとめてみる。僕は最近になって、ようやくわかってきた気がするので、忘れないうちに要点をまとめてみる。

関数の定義には関数宣言と関数式の二つの方法があります。それぞれ目的が異なります。

page:9 記事数:150