MENU

PHP/JavaScriptの記事一覧

htmlなどのテキストファイルをそのままの形で読み込んできて、正規表現で検索したらハマったのでメモ。

JavaScriptで今日の日付を取得してフォーマットする方法と、サンプルです。

JavaScriptで割り算の余りを求める演算子は『%』です。右辺または左辺が文字列の場合暗黙的に型変換がおこなわれます。ただし数値に変換できない場合はNaNが演算結果として返ります。

予約語とは何らかの意味を持っているキーワードです。そのため変数名や関数名などの識別子として使用できません。そこで、どんなキーワードが予約後なのかどんなケースで使用できないのかどんなケースで使用できるのかという点についてお伝えします。

他の人が書いたプログラムコードを読むとき、コメントがあると理解するのに役立ちます。コメントの書き方はプログラム言語によって異なります。そこでJavaScriptのコメントの書き方について、お伝えします。

JavaScriptはオーバーロードという機能を持っていません。しかし先達たちは、様々な方法で疑似的なオーバーロードを実現しているようです。そこで僕も、自分なりに疑似的なオーバーロードを実装してみます。

JavaScriptでCanvasに描画していたら、SecurityErrorが出ました。原因を調べてみました。

JavaScriptのCanvasAPIで描画をするとき、頻繁に使用するパスはPath2Dを使用すると何度でも使いまわすことができます。アニメーションなどを表現するなら、とても便利な機能です。そこで今回は、Path2Dについてお伝えします。

今回はJavaScriptを使用して、Canvasのある領域を、現在の表示エリアに拡大して表示する方法をお伝えします。

Canvas上で文字列の幅と高さを求め、枠を描画するところまでやってみます。

Canvasでアニメーションをおこなう場合、全体をクリアしてから再描画する必要があります。しかし描画内容が複雑だと処理が重くなり、滑らかな表現が難しくなります。改善策として、動かない図形とアニメーションをさせる図形のレイヤーを分けることで、処理を軽くする方法をお伝えします。

前回、Canvas上で図形を塗りつぶす記事を書いたので今回は線の色変更と、移動をやってみます。

JavaScriptのCanvasAPI にisPointInPath()というメソッドがあります。パス内に指定した座標が含まれているかどうか確認するメソッドですが、どんなケースで使用するのか不明でした。そこで自分なりに使用目的を考えてみたところ、ブラウザ用で図形の内側がクリックされたかどうかの確認できると思いいたりました。そこでデモとして、クリックした図形を塗りつぶすJavaScriptコードを作成しました。

画像が読み込めないときにダミー画像を表示したかったので、JavaScriptでコードを作成してみました。

今回はURLで指定された画像を読み込むJavaScriptコードを作成してみます。読み込みエラー時の処理も、しっかりと作りこみます。

Canvas APIは画像描画時に globalCompositeOperationを使用すると、元からある画像との合成方法を指定することができます。ここでは、globalCompositeOperationに指定できる値と結果を一覧にしてお伝えします。

page:9 記事数:203