【プログラマー】転職失敗したくない!自分の持っているプログラミングスキルを最大限に伝えて転職成功率をUPする方法

更新日:2023/12/08

転職で一番面倒なのが面接です。
良い結果を得るには、面接で自分の実力を相手に知ってもらう必要があります。

しかし慣れない面接で緊張している状態では、言いたいことの10分の1も言えないものです。

■自己アピール特化転職サイト

そこで紹介したいのが、プログラマ向け自己アピール特化転職サイト『paiza転職』です。

■ホームページ:paiza転職

paiza転職は、実務に近いプログラムのお題を解くことから始まります。
普段やっていることを、そのままやるだけです。

お題を解いたら、次のようなフォームにコピペして提出します。


■回答フォーム

お題はDランクから、C、B、A、Sとランクアップしていきます。
そして、解答で使用したプログラミング言語とランク等を元に、スキルにマッチした企業が紹介されます。
この時点で、実際に応募するかどうかを判断します。

paiza転職はスキルチェックで解答したコードが企業に共有されます。
企業は事前に応募者の実力を把握できる、つまり面接前に重要なことを伝え終わっているのです。
口下手な人でも、採用率が大きく上がることが期待できますね。

また特筆すべきなのが、スカウトオファーです。

提出されたコードが企業に認められると、企業からオファーが届きます。
一般的に転職活動は、力関係では応募者側が下です。
ですがオファーされたら、対等な立場で面接を受けることができるのです。
要望等を通しやすくなりますね。

なおpaizaでは「私服OK」「志望動機は固まってなくてもOK」で「企業の自己紹介からスタート」というカジュアル面談が用意されています。
一般的な面接が苦手な人は、こちらを希望してみるといいですね。

また、スキルチェックは転職を希望しない人も参加できます。
お題は毎週追加されるので、現在の実力が低くても、少しずつ実力アップしていくことも可能です。

実際に、スキルチェック問題を解くためだけに使っている人も多いそうです。
(※paizaホームページより)

もし転職するかどうか迷っているとしたら、技術力チェックとして問題を解いてみてください。
高ランクの問題が解けたら、自分の実力に自信を持つことができますよ。

paiza転職とスキルチェックはこちらから確認できます。
paizaスキルチェック&転職

更新日:2023/12/08

書いた人(管理人):けーちゃん

スポンサーリンク

記事の内容について

null

こんにちはけーちゃんです。
説明するのって難しいですね。

「なんか言ってることおかしくない?」
たぶん、こんなご意見あると思います。

裏付けを取りながら記事を作成していますが、僕の勘違いだったり、そもそも情報源の内容が間違えていたりで、正確でないことが多いと思います。
そんなときは、ご意見もらえたら嬉しいです。

掲載コードについては事前に動作確認をしていますが、貼り付け後に体裁を整えるなどをした結果動作しないものになっていることがあります。
生暖かい視線でスルーするか、ご指摘ください。

ご意見、ご指摘はこちら。
https://note.affi-sapo-sv.com/info.php

 

このサイトは、リンクフリーです。大歓迎です。