MENU

日本語化

PhpStormを日本語化する方法

更新日:2019/08/25

 

PhpStormが数か月前にバージョンアップしていたので、今更ながら私もバージョンアップしてみました。
すると…

 

日本語だったのが、英語に戻ってる!

 

PhpStormを長い間使っているので、英語のままでも問題ないのですが、記事で取り上げるときに困るので再度日本語化してみます。

 

■お願い
去年ECMAScript2020を頑張って日本語訳しましたが、誰も見てくれません・・・
誰かみて!!
【JavaScript】 学習のためECMAScript2020を日本語訳してみました

日本語化の注意点

 

※PhpStorm2020.1以降はこちらを見てね。

 

PhpStormを開発しているJetBrainsの本総代理店であるサムライズムのホームページ(長い!)で、日本語化の手順が紹介されています。

 

 

PhpStormというか、JetBrainsのIDEを日本語化するときは、オープンソースの日本語化プラグインを利用するようです。
しかも、そのプラグインは非公式。
動作保証がありません。

 

日本語化するとパフォーマンスが遅くなったり、起動しなくなることがあるそうです。

 

英語がわかるなら、英語のままにしておいた方がいいようですね。

 

悩むところですが、日本語化しても後で英語に戻せるようなので、やってみましょう!

プラグインをダウンロード

サムライズムホームページの日本語化の手順の通りにやれば、問題ないはずだったのだが、一部問題が出たので、一通り手順を追ってみます。

 

 

(1) Pleiades プラグイン・ダウンロードから、プラグインをダウンロードします。

 

Pleiades 日本語化プラグイン・ダウンロード

 

(2) 解凍後のフォルダ内に、jp.sourceforge.mergedoc.pleiadesフォルダがあるか確認

 

pleiades-win.zip
  ┣plugins
  ┃    ┗jp.sourceforge.mergedoc.pleiades <=ここ
  ┃

 

(3) PhpStrom設定フォルダ内に、jp.sourceforge.mergedoc.pleiadesフォルダをコピー

 

PhpStrom設定フォルダ: C:\Users\ユーザー名\.PhpStormバージョン

 

jp.sourceforge.mergedoc.pleiadesフォルダをコピー

 

(4) PhpStromを起動

 

(5) PhpStromメニュー: Help > Edit Custom VM Options...を選択すると、オプションの編集画面が開くはずが...

 

 

あれ?
変な画面が...


 

私の環境では、「Register New File Type Association」という画面が開いた...

 

Register New File Type Association画面

 

どうやら、.vmoptionsファイルの関連付けができていないよう。

 

適当にTextを選んでOKを押してみる。
config\phpstorm64.exe.vmoptionsが開いたので、これで良かったようだ。

 

設定ファイルは、他のOSでは別の名前のようです。
拡張子(vmoptions)は同じなので、わかりやすいと思います。

 

もし他のタイプを選んでしまい、編集画面が開かなかったら、File > Settings > Editor > File Typesで、ファイルタイプの関連付けを変更すればOK.

 

(4) オプション設定ファイルphpstorm64.exe.vmoptionsに、次の設定を追加

 

-Xverify:none
-javaagent:コピー先パス\jp.sourceforge.mergedoc.pleiades\pleiades.jar

 

(5) PhpStormを再起動

 

(6) 日本語化できました!

 

PhpStorm 日本語化後

日本語化後起動しない場合

日本語化の手順はそれほど難しくないと思います。

 

しかし試しに、実在しないパスを指定したら、起動しませんでした。

 

もしPhpStormが起動しない場合は、設定ファイルの記述が間違えている可能性があるので、エディタなどで直接開いて修正してください。

 

設定ファイル:C:\Users\ユーザー名\.PhpStormバージョン\config\phpstorm64.exe.vmoptions
※OSによってはフォルダやファイル名が異なるが拡張子は同じ。

 

また日本語化のプラグインが古い場合も、起動しないことがあるようです。
かならず最新のものをダウンロードしてください。

日本語から英語に戻す

PhpStormは、vmoptionの設定に従って、起動時に日本語化しているようです。

 

そのため、設定ファイルを変更すれば、元の英語バージョンに戻すことができます。

 

次のように、コメントアウトしておくと、すぐに日本語化に戻すことができます。

 

# -Xverify:none
# -javaagent:C:\Users\ptma\.PhpStorm2019.2\jp.sourceforge.mergedoc.pleiades\pleiades.jar

 

変更後は、PhpStormを再起動してください。

 

PhpStorm 日本語から英語に戻す

 

PhpStorm2020.1以降の日本語化

 

PhpStorm2020.1から日本語化のプラグインがIDEからインストールできるようになった。

 

setting > Pluginsを開いて、『japanese』を検索。

 

PhpStorm2020.1以降 日本語化

 

インストール後『Restart IDE』ボタンを押して、PhpStormを再起動する。

 

PhpStorm 日本語化プラグイン 再起動

 

日本語化できました。

 

PhpStorm2020.1

 

とても簡単ですね。
ここまでの記事が全てゴミになった瞬間でした( ノД`)シクシク…

 

記事の内容について

 

こんにちはけーちゃんです。
説明するのって難しいですね。


「なんか言ってることおかしくない?」
たぶん、こんなご意見あると思います。

裏付けを取りながら記事を作成していますが、僕の勘違いだったり、そもそも情報源の内容が間違えていたりで、正確でないことが多いと思います。

そんなときは、ご意見もらえたら嬉しいです。

ご意見はこちら。
https://note.affi-sapo-sv.com/info.php

【お願い】

お願い

■このページのURL


■このページのタイトル


■リンクタグ