MENU

Wordpress開発環境構築[1] 5分でSSLなサブドメインを増やせる状態にする!

更新日:2019/08/02

 

今回、個人的にWordpressのプラグインを開発しようと思ったのですが、テストも含めた開発環境を用意する必要があることに気が付きました。

 

そこでPC内にXAMPPをインストールして、Wordpressを構築し開発を始めたところ、パソコンのスペック不足もあってか遅すぎる。

 

ちょっとキツイなと感じたので、テスト環境をVPSで構築することにしました。

 

ついでに、Wordpressを手軽にスクラップ&ビルドできるような環境を目指します。

 

Wordpress開発環境構築レポート

 

第一回:5分でSSLなサブドメインを増やせる状態にする!
第二回: ConoHa VPS 初期設定(DNS・Ubuntu)
第三回: DcokerでSSL・Wordpress・proxy・mysqlをインストール

 

 

 

■お願い
去年ECMAScript2020を頑張って日本語訳しましたが、誰も見てくれません・・・
誰かみて!!
【JavaScript】 学習のためECMAScript2020を日本語訳してみました

最終目標

 

最終的な目標は、こんな感じ。

 

(1) サブドメインが異なるWordpress環境を同じサーバー内に、5分以内で作れるようにする。

 

(2) 追加したサブドメインすべてに、自動的にSSLを設定する。

 

(3) 各Wordpressのwp-contentディレクトリ内に、同じFTPアカウントで自由に読み書きができる。

 

(4) FTPでアップしたファイルを、Wordpress上のエディタで自由に変更できる。

 

サーバーに一からサブドメインを設定したり、Wordpressを導入したりするのは、面倒。
なので、できるだけ手間がかからない方法を探していたら、Dockerというものを使うのといいと分かった。
何も知らない初心者だけれど、使ってみる。

 

また今どきのWeb事情では、SSLが必須なのでテスト環境でもつけておきたい。
これもDockerなら、手間いらずのようです。

 

(3)と(4)は、一度Dockerで環境を作ったときに不便だったこと。
wp-contentディレクトリにパーミッションの関係でFTPできなかったり、Wordpress上のエディタで編集したら上書きできなかったりと、かなり不便だったので、最初からできるように設定する。

今回はConoHa VPS + Dockerを選択

現在、このサイト(affi-sapo-sv.com)は、ConoHaのVPSを利用してます。

 

他のVPSの理由も考えましたが、慣れているので、そのままConoHaでテスト環境を作成することにしました。

 

グレードは、

 

テスト環境だから他からのアクセスもないし…
最低でいいよね!


ということで、1Coreメモリ512MB、月630円(1時間1円)にしました。

 

ConoHaVPS料金

 

ConoHaのVPSは、使わないときは料金加算されないので、こまめにシャットダウンすれば、もっと安くなります。
一日8時間なら、30日で240円。
安いです。
(シャットダウンが面倒になって、最大料金になりそうですが…)
※勘違いしていました。
※契約中はシャットダウンしても料金が発生します。

 

ただし、512MBは上のプランに変更できないようです。
(他のプランは、変更可能です)
もしスペック的に足りない場合は、再度設定する必要がありそうなので、練習のつもりでやってみることにしました。

 

またConoHaのVPSには、最初からアプリケーションとしてDockerをインストールするテンプレートが用意されています。
今回は少しでも手間を省きたいので、それを選択しています。

 

男性

 

OSがubuntuなので、別のOSが好きな人は、別途『Docker』と『Docker Composer』をインストールする必要があります。

 

やり方は、ネットで探してみてください!

インストールからIPアドレス確認まで

ConoHaのコントロール画面から

 

サーバー追加
 => サービス:VPS => 512MB
 => イメージタイプ:アプリケーション => Docker
 => パスワード => 9~70文字、半角英数記号を組み合わせる
 => ネームタグ => 分かりやすいものに変更(そのままでもOK)

 

ConoHa サーバー追加画面

 

最後に右側の追加を押すと、すぐにOSとアプリのインストールが始まります。
終わるまで待ちましょう。

 

ConoHa VPSのIPアドレス確認

 

最初にIPアドレスを確認します。

 

サーバーリストから、作成したVPSのネームタグをクリックします。

 

作成したVPSのネームタグをクリック

 

ネームタグの後ろのカッコが、IPアドレスです。

 

ネームタグの後ろのカッコが、IPアドレス

 

IPアドレスは、メモ帳などにメモしておきましょう。

 

 

 

記事の内容について

 

こんにちはけーちゃんです。
説明するのって難しいですね。


「なんか言ってることおかしくない?」
たぶん、こんなご意見あると思います。

裏付けを取りながら記事を作成していますが、僕の勘違いだったり、そもそも情報源の内容が間違えていたりで、正確でないことが多いと思います。

そんなときは、ご意見もらえたら嬉しいです。

ご意見はこちら。
https://note.affi-sapo-sv.com/info.php

【お願い】

お願い

■このページのURL


■このページのタイトル


■リンクタグ