MENU

タグ:サーバーサイド:記事一覧

ウェブサイトを作成していると、時々OGP画像をセットしたほうがいいような気がしてきます。しかしサイトの記事が多い状態から一つ一つ画像を作成していくのは、いまさら無理なお話です。そこで、画像を一枚だけ用意して、その画像に記事タイトルを描画することで妥協することにしました。ただし、画像サイズが大きいのは不利な面があるので、しっかり最適化します。

最近Node.jsで画像を処理する案件に遭遇しました。その際にSharpというモジュールを使用しましたが、日本語の資料があまりないのでここでまとめておきます。

Node.js使ったプログラミングについて、実際にやったことを中心に紹介します。

Node.jsでファイルを読み込む方法について、簡単に記述しておきます。

Node.jsはブラウザ版のJavaScriptと異なり、コマンドラインから起動できる。そうなると、起動時に引数を指定することもある。そこでコマンドラインから引数を受け取る方法をお伝えします。

ファイルまたはディレクトリの存在を確認するだけなら、fs.existsSync()メソッドを使用します。以前はfs.exists()メソッドを使用できましたが、現在は非推奨となっています。

JavaScriptで作成したコードを、ブラウザだけでなくNode.jsなどのサーバーサイドでも動作させたいと思い、方法を調べてみました。

前回はNode.jsをWindowsにインストールしたので、今回はWebサーバー化してみます。静的なファイルだけでなくPHPのように動的なhtmlを作成にもチェレンジしてみます。

Node.jsで同じスクリプトを複数回requireしたときの挙動を調べてみました。

別の記事でNode.jsで同じスクリプトを複数回requireしたときの挙動について調べたので、今回はimportしたときの挙動を調べてみました。

Node.jsはサーバーサイドのJavaScriptです。自分で作成したスクリプトを、どうせならブラウザだけでなくサーバーサイドでも動かしてみようと思い、まずはNode.jsを手持ちのWindows10パソコンにインストールして、動作確認をしてみます。