MENU

タグ:関数・メソッド:記事一覧

今回はこれらのメソッドの使い方と、外観のカスタマイズについてお伝えします。

JavaScriptにはcallとapplyというメソッドがある。あまり使わないなと思って理解することを放棄していたのだが、いい機会なので記事にしながら理解していこうと思う。

オブジェクトのプロパティを操作するObjectオブジェクトのメソッドについて、解説してみます。

JavaScriptにはbindというメソッドがあって、コールバック関数内でthisを使用するときなどよく使っています。ですが僕の場合、サンプルで見たコードで使っていたから、マネして使っていただけでした。「これではいかん!」ということで、今更ですがbindについて調べてみました。

プログラム言語の関数とは一連の処理をひとまとめにして、簡単な記述で何度でも呼び出せるようにしたもの。JavaScriptにもありますね。しかし似たような機能でメソッドというものがあり、こちらも前述のことができます。では関数とメソッドの違いは親オブジェクトをthis値として受け取るかどうかです。

JavaScriptのプロパティは、オブジェクトリテラルや. (ドット)表記などで簡単に定義することができます。しかし書き込みを制御したいときなどもっと細やかな設定が必要なときは、属性についての知識が必要になります。

JavaScriptにクラスが導入されて、やっとprivateなメソッドやプロパティを利用できると思ったら、できないらしい。今のところはクロージャの仕組みを利用するしかありません。ということで、自分なりに『クロージャの仕組みを利用したprivateメソッドおよびプロパティのテンプレート』を用意したいと思います。

【JavaScript】 JSにおけるprivate変数と定義のひな型パターンで従来のオブジェクトインスタンスでのprivate変数定義について紹介したので、ここではclass構文での定義をお伝えします。

JavaScriptにはクロージャーという概念がある。20年前のC言語プログラマな僕が、気が狂いそうになった原因である。僕は最近になって、ようやくわかってきた気がするので、忘れないうちに要点をまとめてみる。僕は最近になって、ようやくわかってきた気がするので、忘れないうちに要点をまとめてみる。

javascript:void(0)を使用するとリンクタグの画面遷移を無効にできる。javascript:void(0)はvoid(0)をスクリプトとして実行する。リンク先がブラウザに拡張機能によりjavascript:void(0)に書き換えられてしまうこともある

JavaScriptはオブジェクトにプロパティを追加する簡単な構文がありますが、それとは別にObject.defineProperty()というメソッドが用意されています。このメソッドの使用目的と特徴についてお伝えします。

自作のオブジェクトを共有ライブラリとして外部に公開するときなど、他者にオブジェクトを変更してほしくないときもあります。タイプミスが頻繁で、予定にない新規プロパティが増えていて困るという人(僕)もいます。そんなとき、Object.freeze()またはObject.seal()を使用します。

JavaScriptにはWeakMapというオブジェクトが標準で用意されています。これを使用しなくても他の方法で間に合ってしまうので、知らない人が多いと思います。WeakMapはオブジェクトをキーとして、データの格納や取得をおこないます。

配列の要素を並び変えたいときsort()メソッドを使用する。しかし僕の場合sort()の使い方を毎回ネットで調べている。そろそろ調べなくても使えるようになりたいので、記事にしてみた。

JavaScriptの変数や関数は実行時に巻き上げられます。これってどんな意味なのか、お伝えします!

JavaScriptで配列要素の合計を求めようと思ってメソッドを探したのですが、標準関数として用意されていませんでした。どうやら自作するしかないようです。そこで今回は、配列要素の合計を求める関数を自作してみます。

今までブラウザからクリップボードにコピーするときdocument.execCommand使っていました。しかし、実は既に廃止されています。まだ使用できますが、今後はブラウザ上から削除されるかもしれません。そこで、新しい方法でのクリップボードコピーについてお伝えします。

JavaScriptでDOM要素を操作する場合、addEventListener()メソッドを使用します。このメソッドの第三引数にtrueをセットしているコードをよく目にします。しかしtrueでもfalseでも同じように動作するので、どんな意味があるのかわからない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、addEventListener()メソッドの第三引数についてお伝えします。

僕は今までDOM要素に文字列をセットするときinnerTextを使っていましたが、最近textContentも同じことができると知りました。そこで詳しくネットで調べてみるとかなり古い情報が多く、現在の状況とマッチしていないようです。そこで今回は、innerTextとtextContentおよびinnerHTMLにおいて、今現在(2020/6)はどのような違いがあるのかをお伝えします。

addEventListenerで登録したイベントリスナーの引数は、targetとcurrentTargetというプロパティを持っています。どちらもイベントに関連したDOM要素を指していますが、どのような要素を指しているのかすぐに忘れてしまうのでメモしておきます。

JavaScriptでコールバックに関数を指定すると実行されてしまう理由を整理してみる。

関数の定義には関数宣言と関数式の二つの方法があります。それぞれ目的が異なります。

JavaScriptはオーバーロードという機能を持っていません。しかし先達たちは、様々な方法で疑似的なオーバーロードを実現しているようです。そこで僕も、自分なりに疑似的なオーバーロードを実装してみます。

JavaScriptには即時関数という関数がある。普段何気なく使っていたので、今回は少し即時関数の挙動について調べてみました。

関数に値を渡すときは引数を使う。当たり前すぎて僕は何も気にせず、調べもせず使っていました。しかしJavaScriptの引数は少し奥が深いようです。そこで今回は、JavaScriptの引数について少し詳しく調べてみました。

JavaScriptにはコンストラクター関数というものがある。でも関数宣言をコンストラクターと言われてもよくわからない。関数は関数である。そこで今回は、コンストラクター関数についてわかるまで調べてみた。

JavaScriptで関数を呼び出すと、関数内部でargumentsというオブジェクトが作成されます。これって何なのか?調べてみました。