MENU

TeraTerm

Tera TermでSSHの公開鍵認証を設定し自動ログインする方法

更新日:2019/07/29

 

Tera Termを使用して、SSHの鍵認証でサーバーにログインする場合、毎回鍵ファイルの指定やパスワードの入力を求められます。

 

正直面倒なので、ショートカットをダブルクリックするだけで、自動でログインできるように設定をします。

■お願い
去年ECMAScript2020を頑張って日本語訳しましたが、誰も見てくれません・・・
誰かみて!!
【JavaScript】 学習のためECMAScript2020を日本語訳してみました

Tera Termでサーバー上の秘密鍵を取得

Tera Termで公開鍵・秘密鍵を作成することができますが、サーバー上で作成したほうが簡単です。
方法は、次のリンク先をご覧ください。

 

参考サーバーで公開鍵と秘密鍵を作成する方法

 

サーバーで鍵を作成後、次の手順で秘密鍵をダウンロードします。

 

すでにローカルパソコンに鍵がある場合は、この作業は必要ありません。

 

(1)Tera Termのファイルメニュー => SSH SCR を実行

 

Tera TermでSSH SCR を実行

 

(2)下段にファイル名とダウンロード先を指定

 

下段のFromに、サーバー上の秘密鍵名(id_rsa)をフルパスで入力し、Toにローカルパソコン上のダウンロード先フォルダ名を入力します。

 

入力後、『Receive』ボタンを押し、ローカルにダウンロードします。

 

カタログ【画像】

 

ダウンロードしたファイルの内容を一応確認します。
次のような形式になっていればOKです。

 

-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----
Proc-Type: 4,ENCRYPTED
DEK-Info: AES-128-CBC,10A18R2C56780V4C2627C1201431A212

oXET2/+Qey3ofjBpXVwRocH5LBILLrP5FTcLADWgVbnmgPUu4s3GvjYk8Yq+pK9qP\RfG7
77biozUQ1EELLMhnGvjYkigPSQ3t2KiU7hxEqsDMrJ0bONAmKvCCTcLADWgVbnmgvDOJ
8BwuISnqIDBVQA2Ucal5KEY78DHHp5hdJQo6G2vDmmDfejt267ZKNUb7d/t4OMmULUB5
                  ・
                  ・
                  ・
GgzMZF+LcsVDf0/DB40lcKTt1mzCd3sCnfP2Qk+9/GtMEniSblIz/sGfjLarzRtEHZJeTwRiC
-----END RSA PRIVATE KEY-----

Tera Termで自動ログインを設定

次に、取得した秘密鍵を使って、サーバーにログインするマクロを作成します。

 

(1) まずは設定用のフォルダを作成します。

(既存のフォルダでも問題ありません。)

 

(2) 作成したフォルダに秘密鍵を移動します。

 

秘密鍵のファイル名は、分かりやすいものに変更しても大丈夫です。

 

作成したフォルダに秘密鍵を移動

 

(3) 自動ログイン用ファイルを作成

 

次の内容で、ファイルを作成したフォルダに作成します。

 

;; 自動ログイン設定
HOSTIP = '123.45.67.89:12345' <= IP:Portを指定
USER = 'testw'<= ユーザー名を指定
PASSFILE = 'password.dat' <= パスワードを保存するファイル名
KEY_FILE = 'c:\xxxx\xxxx\test-vps.key' <=秘密鍵のファイル
;============================================
getpassword PASSFILE USER PASSWORD

 

COMMAND = HOSTIP
strconcat COMMAND ' /ssh /auth=publickey /user='
strconcat COMMAND USERNAME
strconcat COMMAND ' /passwd='
strconcat COMMAND PASSWORD
strconcat COMMAND ' /keyfile='
strconcat COMMAND KEY_FILE

 

connect COMMAND

 

end

 

HOSTIP』には、『IPアドレス』:『ポート番号』の形式で指定します。
USER』は、ログインするユーザー名を指定します。

 

PASSFILE』は、パスワードを保存するファイル名を指定しますが、ファイルが存在しない場合自動作成されるので、用意しておかなくて大丈夫です。
パスワードは、初回接続時にTera Termから入力を求められます。

 

 

KEY_FILE』には、サーバーから取得した秘密鍵のファイル名をフルパスで指定します。

 

ファイルの拡張子を『.ttl』にして保存します。

 

拡張子ttlでファイルを作成

 

(4) Tera Termのショートカットを作成

 

作成したフォルダにTera Termのショートカットをコピーします。
Windows10の場合、やり方は二通りあります。

 

方法1:デスクトップにショートカットがある場合

 

デスクトップ上のショートカットをコピーします。

 

デスクトップ上のショートカットをコピー

 

作成したフォルダに貼り付けます。

 

作成したフォルダに貼り付け

 

方法2:デスクトップにショートカットがある場合

 

スタートメニューから、Tera Termを選択。
右クリック=>『その他』=>『ファイルの場所を開く』を選択。

 

カタログ【画像】

 

表示されたショートカットをコピーし、貼り付け。

 

(5) リンク先を修正

 

コピーしたショートカットを右クリックし、プロパティを表示します。

 

ショートカットを右クリックし、プロパティを表示

 

リンク先を次のように変更します。

 

"XXXXX(Tera Termのフォルダ)\ttermpro.exe" /M="作成したフォルダ\作成したファイル.ttl"

 

メモ帳などに一度コピペしてから修正するとやりやすいです。

 

(6) サーバーに接続

 

ショートカットをダブルクリックして、サーバーに接続します。
パスワードの入力を間違えると再入力できないので、その場合は、パスワードファイルを削除してください。

記事の内容について

 

こんにちはけーちゃんです。
説明するのって難しいですね。


「なんか言ってることおかしくない?」
たぶん、こんなご意見あると思います。

裏付けを取りながら記事を作成していますが、僕の勘違いだったり、そもそも情報源の内容が間違えていたりで、正確でないことが多いと思います。

そんなときは、ご意見もらえたら嬉しいです。

ご意見はこちら。
https://note.affi-sapo-sv.com/info.php

【お願い】

お願い

■このページのURL


■このページのタイトル


■リンクタグ