MENU

Webページのソースコードを見る方法

更新日:2021/04/26

 

このWebページってどんなhtmlなんだろ?とか、自分のWebページのhtmlを確認したいというケースがあります。
そんなとき、Webページのソースコードを確認する方法をお伝えします。

 

ブラウザ上で確認可能

 

※Firefox、Google Chrome、Microsoft Edge共に、同じ方法で確認可能です。

 

Webページのソースコードは、ブラウザ上で確認できます。

 

(1) まずはソースを確認したいWebページをブラウザで表示します。

 

 

(2) ページ上でマウスの右ボタンを押してメニュー開き、「ソースの表示」を選択します。

 

※ブラウザによって表示される内容が異なります。

 

(3) 新規タブが開き、Webページのソースコードが表示されます。

 

 

ソースコードを保存する方法

 

表示されたソースコードは、いくつかの方法で保存できます。

 

メモ帳に貼り付ける

 

(1) Ctrl+Aでソースコードを選択状態にします。

 

 

(2) Ctrl+Cを押し、選択したソースをクリップボードにコピーします。

 

 

(3) メモ帳などを開き、Ctrl+Vでクリップボードから貼り付けます。

 

 

(4) メモ帳などの保存機能で、ソースコードを保存します。

 

ブラウザから直接保存する

 

(1) ソースコードが表示されているタブ上で右ボタンを押しメニューを表示します。

 

(2) 表示したメニューから次の項目を選択します。

 

Firefox:「名前を付けてページを保存」
Google Chrome:「名前を付けて保存」
Microsoft Edge:「名前を付けて保存」

 

 

(3) 保存先とファイル名を指定する画面が表示されるので、指定して「保存」を押します。

 

 

内容が更新されない場合

 

Webページの内容を変更しても、ブラウザのキャッシュが働いているため、以前のソースコードが表示されます。

 

キャッシュが更新されるまで待てば新しいコードが表示されますが、それでは遅すぎます。

 

すぐに確認したいときは、ソースコードが表示されているタブでスーパーリロードします。

 

スーパーリロードの方法は、次の記事を読んでみてください。
ブラウザのキャッシュを無効にしてWebページを表示する方法

 

そもそもWebページの内容が変わっていないというときも、スーパーリロードしてみてください!

 

音楽で集中力アップ!
通勤中の暇つぶしもOK!
amazon musicはスマホで
気ままに好きな音楽を聴けるのが魅力ですね♪


あなたはサラリーマン脳?

 

あなたは人の下でしか働けないというサラリーマン脳ではないですか?

まさかの時の備えは、今とは全く違う発想でないとあまり意味がありません。
また同じまさかがありますからね。

自分だけの力で収入を得られるという経験を、一度してみてください。
僕のように、あなたの人生観が大きく変わりますよ。


記事の内容について

 

こんにちはけーちゃんです。
説明するのって難しいですね。


「なんか言ってることおかしくない?」
たぶん、こんなご意見あると思います。

裏付けを取りながら記事を作成していますが、僕の勘違いだったり、そもそも情報源の内容が間違えていたりで、正確でないことが多いと思います。

そんなときは、ご意見もらえたら嬉しいです。

ご意見はこちら。
https://note.affi-sapo-sv.com/info.php

【お願い】

お願い

■このページのURL


■このページのタイトル


■リンクタグ